高校の頃バスケ部での練習中に頭を打ったことから、頭痛や吐き気に悩まされましたが、紆余曲折を経て完治しました! 私で分かることでしたらお答えしますので、質問疑問等、ぜひコメント欄にお願いします!
  • 2009/09
  • 2009-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2009/11
この夏休み
2009年10月03日(土) 11:56
この夏休みは、下に書いたカンボジア以外にもこんな旅をしてきました!

?青春18きっぷを使って、
東京→新潟→石川(金沢1泊)→名古屋→横浜
という鈍行電車の旅を1泊2日でしてきました!
2日間で21時間電車の中にいました☆
2日間で交通費は4400円くらいでした★

日本にもまだまだおもしろいところはたくさんある!
ので、また関西のほうや東北も18きっぷでまわりたいです♪

?京都の町を自転車で一周してきました!
カンボジアツアーでとっても仲良くなった京都の子に会いに行ったのですが、
ママチャリを借りて30kmくらい走り回りました(笑)
地理に関しては、もはや京都マスターかもしれません!


こんな元気ピンピンに過ごしているのですが、じつは、カンボジアからの帰りの飛行で一時的に体調があらわれて大変でした↓
成田空港についても起き上がれず、空港職員の方に車椅子で運んでいただくという事態に。。
これについては、完治(してるつもりだったのに)後の経過としてきちっとこのブログにもまとめておきたいのですが、とってもエネルギーを使いそうでなかなか書く気力が起こらないので、もうすこし時間をください(^^)
おひさしぶりです!
2009年10月03日(土) 11:48
おひさしぶりです!
完全に更新が止まっていてごめんなさい。。

今日は、この夏休みに行ったカンボジアでのボランティアツアーについての日記を書きます☆


8/18から25まで、カンボジアの子どもたちに絵本届ける活動という、地球の歩き方のボランティアツアーに行ってきました。

毎日がいろんな意味で充実していて、本当に濃い8日間でした。
カンボジアは私がイメージしていたよりもはるかに素敵で優しい国で、そして同時に想像以上に過酷な状況でたくさんの人が生きている国でした。

このギャップが、日本に住む私には大変な衝撃でした。
いまもまだ経験したことの半分も消化できていません。。
カンボジアは私に、大人になるまえに考えなければならない大切な材料を、たくさん与えてくれました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ツアーの主なプログラム
歴史レクチャーを受ける
村の小学校に訪問
・手を洗う、歯磨きの大事さを伝える劇
・折り紙を教える
・体操の授業
・ボールや大縄で一緒に遊ぶ
・絵を描く授業
アンコールワット、アンコールトムの観光
トンレサップ湖で水上生活を見る
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このツアーの最大の目的は、ふつう外国人が入ることのできない村の小学校を訪問して、絵本を届ける、一緒に遊ぶことでした。
正直、ボランティアツアーといってもがっつり「ボランティア」をしてきたわけではありません。
でも、ボランティアとしてしか入れない村の小学校に入れてもらえたことに大きな意味があったように思います。

私たちが村を訪れる初めての外国人というその村。
期待と緊張をもって小学校を訪れると、子どもたちは両手を合わせて私たちの目をしっかりと見て「チョムリアップスォー(こんにちは)」と言ってくれました。
その子どもたちの純粋さに、まだ何もしてないというのに涙がでました。

出会ってすぐ村散策に行ったとき、私の両手を子どもたちがつかんで、手をつないでくれました。
手をつなげずに諦めてそばを歩いた子もいました。
初めての外国人だった私たち、肌の色も服装も違う私たちはシャイな子どもたちにとっては驚きの存在だったに違いないのに、はにかんで手をつないでくれました。
子どもたちの純粋さに心が打たれました。本気で手が6本くらい欲しくなりました。


村の子どもたちは、みんな家族を手伝うのが当たり前でした。
牛の世話をする、薪を炊く、下の兄弟の面倒を見る…
家の中で私は長女ですが、なにかにつけて「どうして私ばっかりに手伝わせるの」と不平を言っていた自分がとてもはずかしくなりました。
家族が、家族を助ける。こんな当たり前のことさえどうして進んでしてこなかったんだろう、と思いました。


Read more>>

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ