高校の頃バスケ部での練習中に頭を打ったことから、頭痛や吐き気に悩まされましたが、紆余曲折を経て完治しました! 私で分かることでしたらお答えしますので、質問疑問等、ぜひコメント欄にお願いします!
  • 2007/03
  • 2007-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2007/05
さ、さいはつ…??
2007年04月25日(水) 23:41
女バスの人やともだちの何人かは知ってると思いますが…
「再発疑惑」のあらましを、ブログに遊びに来てくださってるみなさんにも分かるように書きたいと思います、、

今週のはじめのころなんですが…
まぁたわいもないチャンネル争いならぬパソコン使用権争いで、高校1年になる弟とけんかになりました。
そりゃけんかという以上、じぶんも悪いのですが…
問題は、後頭部を至近距離で殴られて、さらに腰の辺りに蹴りを入れられたことですね

その10分後くらいから様子がおかしくなり、水を飲みにキッチンに行こうと立ってしばらく歩いたところ、その場で倒れました。
頭の中で爆発が起きてるんじゃないか…っていう痛みが3時間くらい続きました。
パニックからか、もともとなりやすかった過呼吸(過換気症候群)まであらわれ、キッチンの床をのた打ち回っていました。
ぼ〜っとした意識の中、「また入院して手術かなぁ。。」と思い絶望していました。
母は救急車を呼ぼうとしてくれましたが、脳外科の先生がいる病院が都内に4つしかなく、どれも遠い病院でした。

立ち上がることすらできない状況だったので、動かすことが逆効果かもしれないね…ということで救急車は呼ばず、しばらく収まるのを待つことになりました。
該当した4つの病院ではどんな処置をしてくれるのかを聞くために母が電話をかけてくれましたが、返答はこうでした。

「CTを撮って異常がなければ何も処置はできません。お帰りいただくことになります。脳脊髄液減少症ということですが、うちではブラッドパッチはできないので、手術された病院に行ったほうが…」

はい!残念ですが山王病院では救急受付はありません!
もう脳脊髄液減少症ってだけで門前払いされた感じでした。

夜中の2時くらいになると、もう痛みに耐えることに疲れ果てて、鎮痛剤を飲みまくったおかげもあり、眠ることができました。

翌日はどんよりと曇った日で、それでもいつもより3倍くらいは頭が重く、そして痛かったです。
また髄膜に穴開いたのかな…っていう不安で頭がいっぱいでした。

最近せっかくよくなってきたのに…と思うと悔しいというか、もはや言葉に表せません。。
こんど診察を受けに行きます。


ひさしぶりにくら〜い内容でごめんなさい!

でも、絶対いつか普通の人間の体に戻ってみせます。


>cocoaさん
『最近では頭を上から押さえてるような感じに』
わかりますよ〜そのかんじ!
見えない手が頭の中をぐいぐい押してる感じ、わたしもありました!
ほんと、お大事になさってください(>_<)
NHK「クローズアップ現代」をを見て
2007年04月20日(金) 22:37
みなさん、このあいだの「クローズアップ現代」ご覧になりましたか?
4月17日の夜に放送されたものです。

http://www.nhk.or.jp/gendai/

脳脊髄液減少症が「血液・尿検査などでは異常が見られない、そして治療に保険がきかない病」として紹介されていました。
公共放送であるNHKが取り上げてくれた、ということで少しは世の中に認められるようになってきたのかな…と感じました。
でも番組のコメンテーターが言うには「まだまだ保険適用には時間がかかりそうです」とのことでした。
実態を調べたりガイドラインを作ったり学会を開く前に、現実に存在する困っている患者を助けることのほうが先なのになーとおもいました。
また、「ある程度の症例数が集まらないと病気と認められない…」という節を聞いて、その「ある程度の症例数」の「例」になっている患者はどーすりゃいいんだろう…と思いましたね。

少し更新をサボっているあいだにみなさんからコメントをいただきました!!
ありがとうございます(^^*)
私はとくに原因究明中のcocoaさんが気がかりなのですが…
このあいだcocoaさんにコメントいただいた中に、「まぶしいところが苦手になった」という内容がありました。
可能性ではありますが、それは脳脊髄液減少症の症状にも似たようなものがありますよ!
正確に言うと、脳脊髄液減少症では髄液の減少により頭痛のほかにも、

・体温の調節機能が狂う
・眼の調節機能が狂う
・さまざまなホルモンの調節機能が狂う

というような症状が人によりますが出るそうです。(逆に言えばこれだけではないです!もっとほかの症状がある人もいます!)
私は手術終了直後に急に目の前が明るくなって、眼が良く見えるようになったように感じたんですよ!(無事に手術が終わったから世の中がばら色に見えたとかではないです笑)

履修登録って・・・
2007年04月09日(月) 22:01
いや〜履修登録ってこんなに大変なんですね!
1年生で取れる44単位のうち大学側が必修として決めているのは22単位、残り22単位は入れるも入れないも自分の勝手。ってかんじなんです。
私は小学校の教職をとるので取らなきゃいけないものがひたすら多い!!!
興味がある授業を取る余裕はまったくなく、あっという間に44単位埋まってしまいました。。笑

cocoaさん、コメントありがとうございます!
ふだんコメントをいただいた方には、その方のHPやブログに返事を書かせていただいていました。
でもcocoaさんは特にそういったものがなさそうだったので、当たり障りのない範囲で(笑)この場でお返事させていただきます!

脳脊髄液減少症かもしれない・・・という中、このブログを見つけていただいたということで大変嬉しく思っています!
私の当初のブログ開設理由は、

1)心配してくれる友達にリアルタイムで経過を報告するため!
2)同じ脳脊髄〜の人たちと情報交換の場にしたい!
3)もしかしたら脳脊髄〜かもしれない…と思っている人に、
 すこしでも役に立つ情報を提供して、早く治してもらうために!
4)世の中一般のこの病気を知らない方々に、こんな病気もあるんだ!
 ってことをを知ってもらうため!

だったので、3)の意味でcocoaさんからのコメントはとっても嬉しかったですね〜☆ありがとうございます!!

>cocoaさん
私もいちばんつらかった頃はめまいや立ちくらみ、ふらふらする、といった症状がありましたよ(>_<)!
MRIは頭を横や前から見た、輪切りにしたような撮り方だったのでしょうか??
上から見たような輪切りだと、脳脊髄〜の判断方法のひとつと思われる「脳が下がっている」ということが分からないんじゃないかと思うので…もしそのような撮り方でしたらMRIに異常がないといっても、脳脊髄〜じゃないかどうかは分からないですね(;_;)!!
前述したように山王病院は初診のときにMRIで画像診断をして入院(精密検査・手術)の必要性を判断することになるので、大変かとは思いますが診察だけでも受けることをお勧めします!
診察の予約をしてから実際に診察を受けられるまでにも1〜2ヶ月かかる場合もあるようなので、、参考になったら嬉しいです!



大学入学〜!
2007年04月06日(金) 21:40
おかげさまで無事に大学の入学式を終えました。
しばらくは授業は行われません。テスト、授業のガイダンス、部活やサークルの新歓などがあります。

サークルはまだ迷っていますが、スキーサークルに入ろうと思っています。
冬になる頃には自由に運動ができるようになると信じて・・・笑

私は教育学科に行くので体育も選択しなきゃいけないんですね(*o*)!!
梅雨の時期なんか低気圧に覆われる日が多いだろうしきついだろうなぁ〜とおもいます。。笑

1月頃から考えたら、ふつうに学校に行けていることだけでもしあわせだな〜と思う今日この頃です。笑

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ